最新の10件を掲載しています。それ以前の情報は右記「BACK NUMBER」からご覧ください。

HORACグランフロント大阪クリニックの小宮医師が近畿産科婦人科学会学術集会で最優秀演題賞を受賞しました

  • HORAC

2021年6月25日

HORACグランフロント大阪クリニックの小宮医師が、2021年6月19日~20日に神戸国際会議場で開催されました第144回近畿産科婦人科学会学術集会において「GnRHアンタゴニストとしてRelugolixを用いた採卵周期の最終成熟誘導法の検討」演題にて最優秀演題賞に選ばれました。

これは、2019年から国内で取り扱い開始となったレルゴリクス(商品名;レルミナ)という経口GnRH受容体アンタゴニスト製剤(以下、アンタゴニスト)が調節卵胞刺激周期の採卵成績にどのような影響を与えるのかを検討した研究です。

採卵周期では、自己注射は皆様の大きな負担であり、できる限り負担の少ない採卵周期を達成することは我々の至上の命題です。
排卵を抑制するために、卵胞がある程度発育してくると、アンタゴニストが開始されます。これまで、アンタゴニストには注射製剤しかありませんでしたが、内服のアンタゴニストであるレルゴリクス(レルミナ)は皆様の負担低減のための良い選択肢となります。しかしながら、新規薬剤であるため、レルゴリクス(レルミナ)が採卵結果にどのような影響を与えるのかは分かっていませんでした。

検討の結果、レルゴリクス(レルミナ)を用いた卵胞刺激は、最終成熟法(採卵の36時間前頃に行うHCG注射あるいはGnRHa点鼻)の影響を受けることが明らかとなりました。まとめると、「アンタゴニスト:レルミナ(内服)+最終成熟:スプレキュア(点鼻)→採卵数が極端に低下する(レルミナ+HCG注射は採卵数への影響を認めない)」ことが明らかになりました。

卵胞刺激周期中にOHSS(卵胞過剰刺激症候群)となると、重症化を回避するために最終成熟法にGnRHa(スプレキュア点鼻)を選択せざるを得ない場合があります。「なるべくたくさんの胚を獲得したい」「可能な限り注射の負担を減らしたい」「OHSSの重症化を回避したい」。どれも大切な考えですが、当院では安全を重視するためにOHSSとなった場合の最終成熟法は、基本的にGnRHa(スプレキュア点鼻)を選択しています。そのため、患者様の状態を総合的に判断し、レルゴリクス(レルミナ)の使用可否を判断させていただいておりますことをご理解いただきたく存じます。

IVF JAPANグループの職員は日々研鑽を重ねており、今回はこのような賞を受賞することが出来ました。

今後も患者様へより良い医療を届けられるよう、引き続き努めてまいります。

IVF大阪クリニック院長の福田が「PGT-AとEndomeTRIO」記事でジネコ2021年春号に掲載されました

  • IVF大阪

2021年3月9日

IVF大阪クリニック院長の福田が、2月25日発刊のフリーマガジン『ジネコ2021年春号vol.49』に掲載されました。

胚盤胞が獲得可能な不育症の方に有効な検査「PGT-A」や子宮内膜の着床環境にアプローチした検査「EndomeTRIO」について詳しく解説しています。

福田院長のブログもご覧ください。

IVF大阪クリニック院長の福田が『保険適用で「隠し事」脱却』記事で北海道新聞に掲載されました

  • IVF大阪

2021年2月24日

IVF大阪クリニック院長の福田が、北海道新聞の2月17日の記事に掲載されました。

2022年4月から開始予定の不妊治療に対する保険適用について、北海道新聞社が行ったアンケート結果を踏まえて取材を受けました。

福田院長のブログもご覧ください。

IVF大阪クリニック院長の福田が日本産婦人科医会創立70周年記念で感謝状を贈呈されました

  • IVF大阪

2020年8月12日

IVF大阪クリニック院長の福田が日本産婦人科医会創立70周年を記念し、永年にわたり地域における母子と女性の健康保持・増進に尽力していることに対して感謝状を贈呈されました。

昨年10月に予定していた記念式典で贈呈式が行われる予定でしたが台風の影響で延期となりました。今年3月に再度日程が設定されましたが、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の為に残念ながら式典は中止されることになりました。式典中止に伴い、感謝状を郵送でいただきました。

今後も患者様に寄り添う医療を実践し、また地域医療の貢献にも尽力してまいります。

IVF JAPAN CEO理事長の森本が「不妊治療時間との闘い」記事で産経新聞に掲載されました

  • HORAC

2020年6月4日

IVF JAPAN CEO理事長の森本が、産経新聞の6月3日の記事に掲載されました。

日本生殖医学会が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、治療延期の検討を促す声明を出したことに関連して取材を受けました。

IVF JAPAN グループでは、IVFなんばクリニックにおいて声明発表後に通院されている患者様へアンケートを行い、多くの方が不妊治療を継続したいとのご回答を頂きました。

そうした患者様の声を踏まえ、IVF大阪クリニック、IVFなんばクリニック、HORACグランフロント大阪クリニックでは、徹底した感染防止策を講じながら通常通り診療を行っております。

また、不妊治療の正しい知識を動画にまとめ『POSITIVE妊活』シリーズとしてYouTubeで積極的に発信を開始しております。

産経新聞の記事はこちらよりご覧ください。

 

YouTube Library 『POSITIVE 妊活!』シリーズ 登録チャンネル

■HORACグランフロント大阪クリニック

https://www.youtube.com/channel/UCus6-HKeio-TYv8xkTxPuFA/

■IVF大阪クリニック

https://www.youtube.com/channel/UChhAR6Tl05unWeT9JaetFMA/

■IVFなんばクリニック

https://www.youtube.com/channel/UCymPpwthr2qLO54B0I_KmWg

IVFなんばクリニック院長の中岡が参加しました共同研究が科学雑誌『Nature Communications』に掲載されました

  • IVFなんば

2020年5月28日

IVFなんばクリニック院長 中岡義晴が参加いたしました共同研究がオンライン科学雑誌『Nature Communications』(5月27日付:日本時間5月27日)に掲載されました。

ヒト卵子で高頻度に見られる染色体数異常の原因の理解につながると期待される研究成果です。
Nature Communications は、生物学、物理学、化学および地球科学のあらゆる領域における高品質な研究を出版するオープンアクセスジャーナルです(IF = 11.878)。
DOI 10.1038/s41467-020-16488-y

詳細は共同研究を行いました理化学研究所のホームページをご覧ください。

IVF大阪クリニック院長の福田が『不妊治療は「不要不急」なのか』記事で毎日新聞に掲載されました

  • IVF大阪

2020年5月11日

IVF大阪クリニック院長の福田が、毎日新聞の5月9日の記事に掲載されました。

日本生殖医学会が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、治療延期の検討を促す声明を出したことに関連して取材を受けました。

IVF大阪クリニックでは、今まで通りの診療を行うと述べています。

福田院長のブログもご覧ください。

IVF大阪クリニック院長の福田が「日本生殖医学会の学会声明の波紋」記事で毎日新聞WEB版に掲載されました

  • IVF大阪

2020年4月9日

IVF大阪クリニック院長の福田が、毎日新聞の4月8日WEB版の記事に掲載されました。

日本生殖医学会が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて声明を出したことに関連して取材を受けました。

IVF大阪クリニックでは、院内感染対策を万全にし今まで通りの診療を行うと述べています。

福田院長のブログもご覧ください。

IVFなんばクリニック院長の中岡が「着床前診断」記事で週刊新潮に掲載されました

  • IVFなんば

2020年2月13日

IVFなんばクリニック院長の中岡が、週刊新潮の2月13日号に掲載されました。
記事では着床前診断や着床前スクリーニングについての説明や、医師・治療を受けた方のインタビューなどを掲載しており、そのなかで着床前診断の学会の実施基準がどういうものかについてコメントしました。

なお、IVFなんばクリニックをはじめとする当法人が運営する3施設は今月お知らせしました通り、胚の染色体を調べる新しい検査(PGT-A)の実施施設として日本産科婦人科学会に承認されました。

中岡院長のブログもご覧ください。

IVF大阪クリニックの看護師の小松原が「第1回SGHがん看護研究助成」を受賞し、読売新聞に掲載されました

  • IVF大阪

2020年1月18日

IVF大阪クリニック看護師の小松原が栄えある2019年度の「第1回SGHがん看護研究助成」を受賞しました。

SGH財団とはSGホールディングスグループ(佐川急便)が出資する公益財団法人で、様々ながん研究振興を行っています。
その一環として2019年よりがん看護に関する優れた研究並びに臨床における探索的な実践開発を対象として、看護実践の発展に寄与することを目的に、2019年度より第1回の研究助成を開始しました。

下記の研究テーマについて応募したところ、全国の応募者の中から受賞者12名の1人に選ばれました。

2019年11月30日に開かれました「第1回SGHがん看護研究助成金授与式」について2020年1月18日の読売新聞の記事に掲載されました。

<研究課題>
がん・生殖医療における妊孕性温存から胚移植に関する意思決定支援(Shared decision making:SDM)プロセス -オタワ個人意思決定ガイド(2015版)に添った複線経路・等至性モデルによる分析-

SGHがん看護研究助成の詳細については財団のホームページをご覧ください。こちら