最新の10件を掲載しています。それ以前の情報は右記「BACK NUMBER」からご覧ください。

  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
異なるdishの培養液浸透圧上昇が胚盤胞培養に与える影響
著者

上田晶子、中野達也、佐藤学、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌, 2021 ; 38(1):88-92.
  • HORAC
  • IVF大阪
  • IVFなんば
論文題名
A novel embryo quality scoring system to compare groups of embryos at different developmental stages
著者

S. Mizuno, H. Matsumoto, S. Hashimoto, M. Brahmajosyula, A. Ohgaki, S. Tarui, M. Matoba, M. Satoh, A. Fukuda, Y. Morimoto

掲載誌名
Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 2021 doi: 10.1007/s10815-021-02117-0.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
Treatment with Laevo (L)-carnitine reverses the mitochondrial function of human embryos
著者

N. Morimoto, S. Hashimoto, M. Yamanaka, M. Satoh, Y. Nakaoka, A. Fukui, Y. Morimoto, H. Shibahara

掲載誌名
Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 2021 ; 38(1):71-78.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
凍結前の胞胚腔収縮の確認は胚盤胞選択の評価因子となる
著者

柴田美智子、中野達也、佐藤学、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本IVF学会雑誌, 2020 ; 23(2):32-35.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
卵巣予備能低下症例に対する同一周期2回採卵の有用性と課題
著者

勝佳奈子、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本IVF学会雑誌, 2020 ; 23(2):7-13.
  • HORAC
論文題名
遺伝子組換え型hCGは尿由来hCGに代わる有用な自己注射用デバイスとなりうるか?-アンケート調査をふまえた有用性の検討―
著者

前田優磨、西原卓志、井上朋子、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌, 2020 ; 37(2):183-188.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
Use of a vaginal probiotic suppository and antibiotics to influence the composition of the endometrial microbiota
著者

D. Kadogami, Y. Nakaoka, Y. Morimoto

掲載誌名
Reproductive Biology, 2020 ; 20(3):307-314.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
Mitochondrial oxygen consumption rate of human embryos declines with maternal age
著者

N. Morimoto, S. Hashimoto, M. Yamanaka, T. Nakano, M. Satoh, Y. Nakaoka, H. Iwata, A. Fukui, Y. Morimoto, and H. Shibahara

掲載誌名
Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 2020 ; 37 : 1815-1821. doi: 10.1007/s10815-020-01869-5
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
選択的単一胚盤胞移植においてどの評価因子を優先して胚選択するべきか?
著者

大浦朝美、冨田和尚、佐藤学、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本IVF学会雑誌, 2020 ; 23(1):21-23.
  • IVFなんば
論文題名
精巣内精子回収術 (TESE) における術後の疼痛状況
著者

磯田賀奈、桑原愛、中岡義晴

掲載誌名
日本生殖看護学会誌, 2020;17(1):15-19.