最新の10件を掲載しています。それ以前の情報は右記「BACK NUMBER」からご覧ください。

  • HORAC
  • IVF大阪
論文題名
顕微授精後にカルシウムイオノフォア処理を行った症例の 出生児長期予後
著者

入江真奈美、樽井幸与、水野里志、藤岡聡子、井田守、福田愛作、森本義晴

掲載誌名
日本IVF学会雑誌, 2019 ; 22(1):3-8.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
Mitochondrial function in immature bovine oocytes is improved by an increase of cellular cyclic AMP.
著者

S. Hashimoto, M. Yamanaka, T. Yamochi, H. Iwata, R. Kawahara-Miki, M. Inoue, Y. Morimoto.

掲載誌名
Scientific Reports, 2019 ; 9(1) : 5167. doi: 10.1038/s41598-019-41610-6.
  • HORAC
  • IVF大阪
  • IVFなんば
論文題名
初期胚移植でのガラス化凍結融解によって生じる 一部細胞変性の影響
著者

松本由香、佐藤学、水野里志、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌, 2019 ; 36(1):128-131.
  • HORAC
  • IVF大阪
論文題名
新規閉鎖型ガラス化デバイスを用いたヒト胚ガラス化保存の臨床成績
著者

水野里志、松本寛史、福田愛作、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌, 2019 ; 36(1):114-119.
  • HORAC
  • IVF大阪
論文題名
Maturation triggerとしての3剤の比較検討
著者

徳永誠、水野里志、松本寛史、福田愛作、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌, 2019 ; 36(1):14-18.
  • HORAC
  • IVF大阪
  • IVFなんば
論文題名
The timing of cumulus cell removal for intracytoplasmic sperm injection influences the capability of embryonic development
著者

S. Mizuno, Y. Ishikawa, H. Matsumoto, M. Sato, M. Ida, A. Fukuda, Y. Morimoto.

掲載誌名
Reproductive Medicine and Biology, 2019 ; 18 : 111-117.
  • HORAC
論文題名
Evaluation of antioxidant status and oxidative stress markers in follicular fluid for human in vitro fertilization outcome
著者

T. Nishihara, K. Matsumoto, Y. Hosoi, Y. Morimoto

掲載誌名
Reproductive Medicine and Biology, 2018, 17(4) : 481-486.
  • HORAC
  • IVF大阪
論文題名
新規閉鎖型ガラス化デバイス,Cryotop CLの有用性について
著者

水野里志、尾形龍哉、稲場美乃、松本寛史、福田愛作、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌, 2018 ; 35(1):88-93
  • HORAC
  • IVF大阪
  • IVFなんば
論文題名
Oral administration of l-carnitine improves the clinical outcome of fertility in patients with IVF treatment.
著者

Y. Kitano, S. Hashimoto, H. Matsumoto, T. Yamochi, M. Yamanaka, Y. Nakaoka, A. Fukuda, M. Inoue, T. Ikeda, Y. Morimoto.

掲載誌名
Gynecol Endocrinol. 2018 ; 34(8):684-688. doi: 10.1080/09513590.2018.1431769
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
多核出現胚の染色体挙動の観察
著者

橋本周、中野達也、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
産婦人科の実際 2017; 66 (13):1879-1884.