最新の10件を掲載しています。それ以前の情報は右記「BACK NUMBER」からご覧ください。

  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
Mitochondria of the Oocyte
著者

Y. Morimoto, S. Hashimoto, T. Yamochi, H. Goto, A. Amo, M. Yamanaka, M. Inoue

掲載誌名
Development of In Vitro Maturation for Human Oocytes. 2017; 75-91. In: Chian RC., Nargund G., Huang J. (eds), Springer, Cham (Swiss)
  • HORAC
論文題名
反復不成功例に対するダイゼンリッチなアゴリコン型イソフラボン配合の複合サプリメントの有効性の検討
著者

灘本圭子、西原卓志、中島野枝、影山将克、井上朋子、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌2017; 34(2) : 356-361.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
授精操作26時間の第一分裂に基づく発生能の予測精度の再評価
著者

宮本麻梨恵、中野達也、佐藤学、橋本周、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌2017; 34(2) : 286-291.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
高齢患者の少数採卵症例における紡錘体可視化と胚発育
著者

松本由香、佃笑美、佐藤学、橋本周、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本IVF学会雑誌、2017;20:18-20.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
ガラス化加温胚由来児の出生時体重に影響する母体因子の解析
著者

柴田美智子、橋本周、伊藤啓二朗、佃笑美、佐藤学、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌2017; 34(1) : 152-156.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
当院における均衡型相互転座症例を対象としたarray comparative genomic hybridization を用いた着床前診断の現状
著者

中野達也、中岡義晴、松本由香、庵前美智子、佐藤学、橋本周、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌2017; 34(1) : 147-151.
  • HORAC
  • IVF大阪
  • IVFなんば
論文題名
Quantitative and qualitative changes of mitochondria in human preimplantation embryos
著者

S. Hashimoto, N. Morimoto, M. Yamanaka, H. Matsumoto, T. Yamochi, H. Goto, M. Inoue, Y. Nakaoka, H. Shibahara, Y. Morimoto

掲載誌名
J Assist Reprod Genet. 2017, 34(5), 573-580. DOI 10.1007/s10815-017-0886-6
  • HORAC
  • IVF大阪
  • IVFなんば
論文題名
Combination of density gradient centrifugation and swim-up methods effectively eliminates morphologically abnormal sperms
著者

M. Yamanaka, K. Tomita, S. Hashimoto, H. Matsumoto, M. Satoh, H. Kato, Y. Hosoi, M. Inoue, Y. Nakaoka, Y. Morimoto

掲載誌名
J Reprod Dev. 2016 ; 62(6):599-606.
  • HORAC
論文題名
移植用培養液のヒアルロン酸の濃度は体外受精胚移植の成績に影響しない
著者

西原卓志、森本義晴

掲載誌名
日本臨床エンブリオロジスト学会雑誌2016; 18(2) : 4-9.
  • HORAC
  • IVFなんば
論文題名
IVM-IVF法(in vitro maturation – in vitro fertilization)の採卵当日成熟卵子に対する工夫とその臨床成績への影響
著者

高矢千夏、佐藤学、橋本周、宮本有希、高橋佳世、勝佳奈子、山内博子、姫野隆雄、伊藤啓二朗、中岡義晴、森本義晴

掲載誌名
日本受精着床学会雑誌2016; 33(2) : 169-173.