当クリニックで実施する臨床研究情報の公開について

臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明を行い同意を得たうえで実施をします。
臨床研究のうち、患者様への侵襲(外的要因によって生体内の恒常性を乱す事象全般)や介入もなく、過去の診療情報のみを用いた研究等については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者様のお一人ずつから同意を得る必要はありません。しかしながら、研究の目的を含めて研究の実施についての情報を公開し、拒否の機会を保障すること(オプトアウト)が必要とされております。
オプトアウトを用いた臨床研究は以下の通りです。研究への協力をご希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

研究課題名
【IVFなんば】単一遺伝子疾患に対する着床前診断(PGT‐M)の申請結果
【IVFなんば】調節卵巣刺激周期における3D超音波を用いた卵胞計測の有用性と課題
【IVFなんば】凍結融解胚移植決定時の子宮内膜厚は癒着胎盤発症に寄与する因子となるか
【IVFなんば】新型コロナウィルス感染症が不妊治療に与えた影響に関する検討
【IVFなんば】不妊患者における膣分泌物グラム染色の有用性
【IVFなんば】胚質不良例に対するカルニチン・メラトニン併用投与の有効性に関する検討
【IVFなんば】精液を自宅から持参する際の温度維持の検討
【IVFなんば】無加湿下長期微小滴培養による浸透圧上昇が胚盤胞移植後成績に与える影響
【IVFなんば】オンライン診療によるPGT-M症例の遺伝カウンセリングの試み
【IVFなんば】着床前診断(PGT)におけるcell-free DNAを用いた非侵襲的な染色体解析方法の確立
【IVFなんば】ヒト胚の発育不全の原因の解明:ヒト受精卵の染色体を構成するタンパクの修飾レベルの観察
【IVFなんば】無加湿下長期微小滴培養における浸透圧上昇が胚盤胞発育に与える影響
【IVFなんば】未熟卵体外受精法における体外受精培養を延長した場合の効果について
【IVFなんば】Day3時の発育遅延がみられる胚盤胞の有用性
【IVFなんば】精液中の酸化ストレスがICSI臨床成績へ与える影響
【IVF大阪】卵巣のチョコレート嚢胞が生殖補助医療の成績に与える影響についての研究
【IVF大阪】生殖医療関連検査に関する後方視的臨床研究
【IVF大阪】生殖医療関連手術に関する後方視的臨床研究
【IVF大阪】一般不妊治療に関する後方視的臨床研究
【IVF大阪】生殖医療関連薬剤に関する後方視的臨床研究
【IVF大阪】生殖医療関連補助治療に関する後方視的臨床研究
【HORAC】精液の酸化還元電位と妊孕性との関係性
【HORAC】ヒト胚タイムラプス画像のディープラーニング技術による解析
【HORAC】体外受精における遺伝子組換え型hCGの有効性の検討
【HORAC】反復体外受精・胚移植不成功例、習慣流産例、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究