English

スタッフ紹介

生殖技術部門

生殖技術部門は皆様からお預かりした卵子と精子を受精させ、子宮に戻すまでの体外業務を全ておこなっております。スタッフは日本卵子学会認定の生殖補助医療胚培養士(以下、胚培養士)と臨床検査技師によって構成されています。体外受精のために皆様からお預かりした精子や卵子の調整、受精卵の培養および管理を担当しております。臨床に必要な生殖生物学の知識と技術を持っていることを示す、胚培養士の資格取得を積極的に行い、スタッフのレベルアップを図っています。

日々、得られる臨床及び研究データを関連学会へ参加・発表し、学会で得られた生殖医療の最新知識・情報を現場へフィードバックすることを積極的におこなっております。
質の高い胚培養士を教育することにも力を入れるため、段階的な教育プログラムを組み培養室のレベルを高水準に維持し、患者様には質の高い生殖補助技術を提供できるよう、部門全体で努めております。

幸池 明希子
技師長
生殖補助医療胚培養士

メッセージ

こんにちは。胚培養士の幸池です。IVF大阪クリニックで15年以上勤務していて HORAC開院に伴い、異動してきました。 患者様が頑張って治療されて妊娠され、更に無事に出産したというご連絡を 頂ける時に「この仕事をさせて頂いて良かった!」と思える時が一番 嬉しいです。出産されたお子様の事を研究課題とさせて頂いている ので本当に幸せを感じるひと時です。 お腹に宿る前の大切な赤ちゃんを安心して預けて頂けるように 頑張っていきますので宜しくお願いします。

学会活動

Influence of re-vitrified human blastocyst on laboratory data, clinical outcomes and resulting babies
(ASPIRE 2014)
胚盤胞の再凍結が融解後の胚ならび出生児に与える影響
(第31回日本受精着床学会)
Long term follow-up of physical on 54 children born by IVM-IVF
(ESHRE 2012)
Long term follow-up of physical and mental development on 110 children born by frozen-thawed embryo transfer
(ESHRE 2011)
未熟卵体外受精胚移植法(IVM-IVF)より出生した児のアンケート調査結果
(第56回日本生殖医学会)
凍結融解胚移植により出生した児のアンケート調査結果
(第13回IVF学会)
凍結融解胚移植により出生した児の発育調査結果
(第55回日本生殖医学会)
新鮮胚移植法により出生した児のアンケート調査結果
(第25回日本受精着床学会)
末梢血リンパ球染色体検査でTurner症候群と診断された不妊症患者の臨床的検討
(第21回日本受精着床学会)

宮本 有希
主任
生殖補助医療胚培養士

メッセージ

こんにちは。生殖補助医療胚培養士の宮本です。 これまでIVFなんばクリニックに在籍していましたが、HORAC開院に伴い移動 してきました。HORACは体外受精に特化した新しい高度不妊治療センターです。 他院で不妊治療を頑張ってきたけどなかなか子宝に恵まれないとお悩みの方、 体外受精に興味はあるけど、どの病院を選んだらいいか迷っている方にも 安心して頼っていただけるよう、日々進化する生殖医療の技術や知識を しっかりと治療に反映し、皆様が子宝に恵まれるまで一緒に頑張ります。 よろしくお願い致します。

学会活動

ホルモン補充周期凍結融解胚移植を決定する時のE2値は妊娠率に影響を及ぼすか?
(第56回日本生殖医学会学術講演会)
発育途上卵胞由来のヒト卵子直径はグラーフ卵胞由来の卵子に比べ小さい
(第54回日本卵子学会学術集会)

冨田 和尚
主任
生殖補助医療胚培養士

メッセージ

不妊は女性側の問題と見られがちですが、男性側の要因も無関係ではありません。私はこれまで精子の質と不妊との関係を研究課題として取り組んできました。正確かつ客観的な情報を基に皆様のお役に立てるよう頑張ります。

学会活動

【学会発表】
①"フェノール性中空ヒアルロン酸マイクロカプセルを用いた少数精子獲得の効率について"
(第14回生殖バイオロジー東京シンポジウム、 2015年、学術奨励賞受賞)
②"中空ヒアルロン酸マイクロカプセルを用いた少数精子凍結法の確立"
(第18回日本IVF学会学術集会、2015年、優秀演題賞受賞)
③"密度勾配遠心法とswim-up法を組み合わせた精液処理法における超微細構造レベルでの異常形態精子の除去効率について"
(日本アンドロロジー学会第34回学術大会、 2015年)
【論文】
①"Combination of density gradient centrifugation centrifugation and swim-up methods effectively decreases morphologically abnormal sperm" Journal of Reproduction and Development, 2016
②"Cryopreservation of a small number of human sperm using enzymatically fabricated, hollow hyaluronan microcapsules." Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 2016
③"不成功歴がある凍結融解-単一胚盤胞移植における栄養外胚葉の評価ごとのヒアルロン酸高含有移植用培養液の効果について"日本受精着床学会雑誌 2013年

大住 哉子
副主任
生殖補助医療胚培養士

メッセージ

こんにちは。胚培養士として働いている大住です。IVF大阪、IVFなんばで13年 働き、今回HORACグランフロント大阪クリニックにやってきました。 長年この仕事を続けていますが、受精卵が発育していく姿は本当に神秘的で 感動的で、飽きることはないです。妊娠は奇跡の連続により成り立つ とよく言いますが、そんな奇跡の瞬間に立ち会えるこの仕事に就けて 幸せを感じています。患者様からお預かりした小さな小さな赤ちゃん を大切に育てていけるよう安心、安全を心掛けて培養室業務を行って いきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

学会活動

ウサギ二次卵胞の体外培養についての基礎的検討
(第44回哺乳動物卵子学会)
In vitro culture of porcine oocyte-glanulosa cell complexes isolated from preantral follicles in polyvinylpyrolidone
(卵巣に関する国際カンファレンス)
精巣内精子(精巣上体精子)回収法によるART治療成績
(第25回日本受精着床学会)
顆粒膜細胞がブタ発育途上卵母細胞の生存性に及ぼす影響
(第49回哺乳動物卵子学会)
次世代型凍結法への模索 -閉鎖型超急速凍結保存法の検討-
(第53回日本哺乳動物卵子学会)
Effectiveness of the closed vitrification device in frozen-thawed embryo transfer
(ASPIRE 2012)
精子死滅症例は高度乏精子症に比べ精巣内精子回収法によって治療成績が向上する
(第58回日本生殖医学会)
胚培養士による個別相談(たまご相談室)を行って
(第17回日本IVF学会)

中山 奈央子
副主任
臨床検査技師

メッセージ

こんにちは、臨床検査技師の中山です。 私は主に、ホルモン検査やその他の不妊症・不育症に関わる検査を行っております。また、それらの検査に必要な採血も担当しております。正確かつ迅速に検査結果をお返しできるよう、日々努めております。ホルモンのことなど、検査についてお気軽にご質問くださいね。よろしくお願いいたします。

学会活動

単一胚移植における妊娠初期の血中hCG値に影響を与える要因についての検討
(第15回日本IVF学会)
当院における第二世代のAMH測定試薬「AMH GenⅡ ELISA」による血中AMH値と患者年齢および採卵成績との関連
(第31回日本受精着床学会)
妊娠初期のhCG分泌量は児の出生時体重と関連があるか?
(第32回日本受精着床学会)

関藤 孝昭
リーダー
生殖補助医療胚培養士

メッセージ

こんにちは、胚培養士の関藤です。妊娠する為には状態の良い胚を戻してあげるのが重要です。 では、状態の良い胚とは?? 私は胚の成長を観察した動画を使い、より妊娠できる胚を選択する研究を行っています。胚について分からない事、気になる事があれば何でも遠慮なくご相談下さい。

学会活動

精子DNA fragmentation indexは流産率に影響を与えるか?
(第30回日本受精着床学会)
高年齢由来の胚ほど精子DNA fragmentationの影響を受けやすい
(第16回日本IVF学会)
ABNORMALLY-CLEAVED EMBRYOS AT 1ST OR 2ND CLEAVAGE HAD LOW DEVELOPMENTAL POTENTIAL
(ASRM 2014)

櫻井 裕子
リーダー
生殖補助医療胚培養士

メッセージ

こんにちは。胚培養士の石川です。わたしたち胚培養士は、皆様からお預かりする精子や卵子、受精卵を大切にお世話させていただいています。皆様に元気な赤ちゃんが授かり、笑顔で帰っていただけるように精一杯お手伝いさせていただきます。なにか分からないこと、不安なことがありましたらお気軽にお声かけください。

学会活動

2015年 第56回 日本卵子学会
「採卵後の卵丘細胞除去までの時間が受精および胚発育に及ぼす影響」
2015年 第18回 日本IVF学会
「卵丘細胞の除去時間が受精および胚発育に及ぼす影響」
2016年 ESHRE
「Influence of the duration between removal of cumulus cells and oocyte retrieval on fertilization and embryonic development」

長滝谷 芳恵
生殖補助医療胚培養士

メッセージ

皆様こんにちは、胚培養士の ながたきだに と申します。私は平成12年にIVF大阪クリニックに入職しました。平成15年からはIVFなんばクリニックに配属となり、通して約15年務めてまいりました。HORACグランフロント大阪クリニックでは、これまでに得た知識と経験を生かしつつ、新しい事にも積極的に取り組んでいきたいと思っております。皆様には安心し納得した上で体外受精に進んでいただきたいので、分からないことがあれば、いつでもお気軽にお声をかけてください。

学会活動

「インキュベーターの小型化がIVFの胚の質と妊娠率に及ぼす影響」
第21回日本受精着床学会(2003)
「Day2におけるMultinucleated Blastomere (MNB) 胚の選別は妊娠率向上につながる」
第22回日本受精着床学会(2004)
「Multinucleated Blastomere (MNB) 胚反復症例におけるMNB胚発生原因について~精子核DNAフラグメンテーションの影響」
第12回日本臨床エンブリオロジスト学会(2007)
「Laser assisted hatching 照射方法の比較検討」
第53回日本生殖医学会(2008)
「~新たな着床前診断に向けて~成長段階別胚盤胞期胚栄養膜細胞採取の検討」
第56回日本生殖医学会(2011)
「~新たな着床前診断に向けて~採取細胞数が凍結融解後胚盤胞の生存性に及ぼす影響」
第30回日本受精着床学会(2012)
「Array Comparative Genomic Hybridization (aCGH) 法による着床前診断を実施した3症例」
第58回日本人類遺伝学会(2013)

井﨑 顕太

メッセージ

皆様こんにちは、胚培養士の井﨑(いざき)と申します。大学では発生生物学を専攻し、医学系研究科を経て、HORACグランフロント大阪クリニックに入職しました。近年、生殖補助医療は存在を広く知られるようになり、その進歩は大変目覚しいものです。最先端の技術を学び、「安心」かつ「安全」な医療を皆様に届ける努力をし、一人でも多くの方が子宝に恵まれるよう勤めますので、よろしくお願いいたします。

林 祐希
臨床検査技師

メッセージ

1人でも多くの不妊に悩まれる方々が子宝に恵まれ、笑顔になれますよう一緒に頑張ります。常に新たな技術に目を向け、安全で正確な検査・治療を提供できるよう努めていきますので、よろしくお願い致します。