English

スタッフ紹介

看護部門

看護部門は専門知識を有した看護師、ケアアテンダントが所属しています。さらにエキスパートとして不妊症看護認定看護師、生殖医療相談士、助産師や第二種滅菌技師が皆様のサポートをさせていただきます。
初めて体外受精を受けられる方、これまで他の病院で治療を受けてこられた方、当クリニックに来られるまで、ご夫婦それぞれのストーリーがあり、一人として同じお気持ちの方はいらっしゃらないと思います。皆様の迷いや、葛藤をどうぞ私達にお聞かせください。お一人お一人のお気持ちに寄り添い、ご夫婦がよりよい選択をしていただけるよう支援させていただきたいと考えております。

治療は不安と緊張の連続とお考えかもしれません。わからない事や疑問に思われたことはお気軽にお尋ねください。私達は患者様との対話を大切にしていきたいと考えております。また、検査や処置の時には緊張が和らぐように看護師が傍にいます。安心して治療をお受けください。
大きな希望と期待を持って来られた皆様と、共に喜びを分かち合える日を楽しみにしております。

杉本 朱実
看護師長
生殖医療相談士

私は、平成3年から生殖医療に携わり森本院長と共に歩んできました。HORACでは、チーム力を生かし皆様に最善の治療を受けていただけるよう全力でサポートさせていただきたいと考えています。 治療は、長期になると先が見えない不安から真っ暗なトンネルの中に例えられます。私たち看護師は、皆様の足元に明かりを灯し、それぞれのご夫婦の気持ちに沿った道しるべになったり、疲れたら一緒に立ちどまり共に考えていきたいと思います。 上手く治療を続けるコツは、「頑張りすぎない」「ご自身とパートナーを褒めて労う」「お互いの気持ちをきちんと伝えあう」ことだと思います。治療は、よりご夫婦の絆が深まるのではないでしょうか。 一緒に頑張りましょう。

「体外受精反復付成功例に対する免疫療法の有効性について」
(2004:第22回日本受精着床学会)
「通院患者の治療終結に関するアンケート調査」
(2012:第10回日本生殖看護学会)
「患者自身の治療終結への思いと看護師の支援」
(2013:第31回日本受精着床学会 シンポジウム)

金田 真紀
看護師長代理
生殖医療相談士

ここに来ていただくまでに悩んだり、迷ったり治療を始めるといろんな気持ちが交差します。 うれしい時も、時には辛い時もあります。皆様のいろんな気持ちを一番近くで受け止めて、 一緒に前に進めるようにサポートしていきます。 解らないことをそのままにせず、治療のことや、ちょっと気になること何でも聞いて下さい。 分かりやすく説明していきます。 HORACに来られた皆様が、笑顔になれるようパワー充電は常に100%です。 心も身体も元気に過ごせるように。そして一日でも早く皆様が笑顔でご卒業できるように。 一歩ずつ共に進みましょう。

「集団自己注射指導教室のアンケート調査~患者のQOLの向上にむけて~」
(2011:第29回日本受精着床学会総会学術講演会)
「がん・生殖医療における当院の患者支援
(2014:第32回日本受精着床学会総会学術講演会)

加藤 真智子
主任
生殖医療相談士

患者様との出会いは一期一会だと思い、常に温かい対応を心掛けています。診察後には看護師と今後のスケジュールの確認や相談をしていただける時間を設けています。疑問や不安を残さず帰っていただけるよう全力でサポートさせていただきます。どんな些細なことでも構いませんので、遠慮なくご相談してください。HORACが単なる治療の場ではなく、皆様にとって癒しの場となりますように、笑顔でお待ちしております。

「Expreience of 1500 falloposcopic tuboplasty (FT) cases」
(2010 :66thAnnual Meeting of the ASRM)

長嶺 美紀
副主任
生殖医療相談士

こんにちは。 私は生殖医療に携わってからたくさんの患者様に出会い、多くのことを 学びました。 ここに来ていただくまでに様々な思いを抱えていたと思います。 もし悩まれていたら勇気を持って、私たちに打ち明けてみてください。 どんな些細なことでも構いません。辛いことやうれしかったこと等 一緒に共有し、患者様の一番身近な存在でありたいと思っています。 今まで学んできたこと活かして少しでもお力になれるように全力でサポートさせていただきます。 いつでも笑顔で皆様をお待ちしております。

「The preservation of fertility in patients with malignant disease
a case report」
(2014:5th ASPIRE)
「妊孕性温存を目的としたがん患者の医療連携の重要性」
(2014:第12回日本生殖看護学術集会)

達富 友美
副主任

皆様はじめまして。看護師の達富(たつとみ)と申します。 不妊治療には不安なこと、しんどいこと、そして嬉しいこととさまざまな場面に出会うと思います。そんな時、皆様の相談にのったり、アドバイスをさせて頂いたり、そして一緒に喜んだり、身近な存在でいられるような看護師でありたいと思っています。 皆様が笑顔であふれるように笑顔でお待ちしております。

佐野 郁美
不妊症看護認定看護師

人がそれぞれであるように、治療には皆様の背景にある環境や状況がひとつひとつ異なります。当クリニックを選択されお話しできる機会があれば、その時その時を大切に思うようこころがけ、できる限り皆様に寄り添うことができればよいと考えています。治療内容は説明があっても理解しにくい場合や自分だけ?と思うこともあると思います。それは当たり前のことで、気になればお声かけいただき、分かるまで一緒に考えていけたらと思います。少しでも皆様の笑顔のお手伝いができるよう頑張ります。

「シリンジ型注射器を用いて自己注射を行った患者の不安感の比較」
(2014:第12回日本生殖看護学会学術集会)

都能 絢子

不妊治療をしていると、不安や迷い、焦りを感じることもあると思います。周りの人に相談しづらく、一人で抱えてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。人に話すことで心が軽くなることもあると思います。ぜひ、遠慮せず私たちにおっしゃって下さい。少しでもそれらを和らげ、リラックスして治療に臨んでいただけるよう努めてまいります。お二人が、後悔のない、納得のいく選択ができるよう、いつも近くでサポートさせていただきたいと思っています。

黒田 真奈

初めて体外受精を受けられる方、たくさん治療を頑張ってこられた方…HORACに来られる皆さまが、安心・納得して治療を受けていただけるよう精一杯サポートさせていただきます。お一人お一人の気持ちに寄り添い、一緒に悩み考え、喜びを共有できますよう頑張っていきたいと思っています。

萬波 裕子

みなさまが不妊治療をする中で、HORACにどのような想いで来院され、治療を受けているのかを常に考え、治療に伴うストレスが少しでも軽減し、納得しながら治療ができるように全力でサポートさせていただきます。みなさまが、笑顔で卒業できる日を共に待ち望んでいます。

安東 麗絵

患者様は様々な状況下で色んなお気持ちを持たれHORACに来られることと思います。不安なお気持ちや疑問を少しでも軽減出来るように、また安心して治療に臨めるよう患者様おひとりおひとりのお気持ちに添った看護を心掛けております。皆様のお顔に笑顔が見られますよう精一杯サポートさせて頂きます。

岡田 未来

患者様とのひとつひとつの出会いを大切にし少しでもお力になれるようサポートさせて頂きます。みなさまが、赤ちゃんと出会えることを望んでいます。一緒に頑張っていきましょう。

吉田 益代
ケアアテンダント主任
第2種滅菌技師

クリニックでは沢山の患者様との出会いを大切に、このクリニックの治療を受けて 良かったと、笑顔で患者様が卒業して頂けるように一生懸命サポートさせて頂きます。 些細なことでも結構ですので、気軽にお声掛け下さい。

若藤 美月
ケアアテンダント

皆様に安心して治療を受けていただけるよう、私たちケアアテンダントは安心・安全な器具をご提供しております。 また、リカバリールームでは快適な空間で過ごしていただけるようお待ちしておりますので、お気軽にお声かけ下さい。

小林 佳子
ケアアテンダント

こんにちは看護部門ケアアテンダントの小林と申します。私自身も悩んでいた事がきっかけで、この仕事にたずさわり早いもので8年が経ちました。日々進化してゆく生殖医療の世界で、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。